その時の状況に合わせよう

この記事をシェアする

債権を譲渡する

会社が持っている債権を業者に買い取ってもらう方法を、ファクタリングと呼んでいます。
ファクタリングはスピーディーに資金調達ができる面がメリットなので、困った時に利用しましょう。
お得にファクタリングをするためには、できるだけ手数料が安い業者を見極めてください。
特に2社間ファクタリングを行う時は、手数料が高くなりやすいです。

3社間ファクタリングに比べて早く資金が手に入りますし、売掛先の会社にファクタリングをすると伝える必要がない面がメリットですが、手数料が高くて、手元に残る分が少なくなったら意味がありません。
事前に、手数料が安くて良い業者を見つけておきましょう。
すると急いでいる時でも、スムーズに申し込めます。

審査が必要な方法

ファクタリングを申し込むと、最初に審査が行われます。
この時は売掛先の会社に問題がないか審査されるので、自分の会社の経営状態が悪化していても、遠慮せずに使ってください。
中には負債をたくさん抱えていたり、過去に会社が倒産したりした経験があり、金融機関の審査を通過できない人がいると思います。

そのような人に、ファクタリングが向いていますね。
ポイントは、取引をしているどの会社を選ぶのかという部分です。
さらにファクタリングを使って資金調達をした時は、負債になりません。
たくさん負債が増えると、周囲から経営がうまくいっていないと思われてしまいます。
こちらの信頼が低下するリスクがあるので、うまくファクタリングを活用しましょう。