自分が使える種類とは

この記事をシェアする

会社の経営に使うこと

地域ごとに決められている、補助金や助成金の種類を詳しく調べてください。
自分が条件に該当していることがわかったら、すぐ申し込みましょう。
補助金や助成金の最大のメリットは、もらった資金を返さなくて良いことです。
ファクタリングや金融機関からの融資に比べてリスクが少なく、まずはこの方法で資金調達を行いましょう。

ただ条件に当てはまっていないのに、嘘をついて申請することはしないでください。
さらに受け取った資金は新しい事業を始めるためや設備を整えるため、社員にボーナスを出すためなど、経営に関することにしか使えません。
その他の目的のために補助金や助成金を申請すると、トラブルに発展します。
目的をよく考えて、計画的に使いましょう。

受け取れるまでの時間が長い

補助金や助成金は申請してからすぐ資金を得られる方法ではないので、時間に余裕を持って申し込んでください。
短くても半年、長いと1年以上の時間が掛かります。
ですから自分の手元に、資金がどのくらいの残っているのか常に把握しましょう。
そして少しでも資金がなくなりそうだと思ったら、その段階で申し込むことをおすすめします。

しかし補助金や助成金は、申し込める期限が決まっていることも忘れてはいけないポイントです。
期限を把握した上で、申し込むタイミングを見極めましょう。
まだ良いと思っていると忘れて、思い出した頃には期限を過ぎてしまっているかもしれません。
せっかく資金を手に入れられるチャンスだったのに、もったいないです。